ネット予約
お電話でのご予約は
0942-33-0843
最後まで諦めないで!虫歯治療は根気強く!が重要です。
ブログ

最後まで諦めないで!虫歯治療は根気強く!が重要です。

 

現在、治療途中で放置している虫歯はありませんか?

もし、ドキッとした方がおられたら、今からでも構いませんので、治療を受けにいきましょう。

いろいろな事情から放置せざるを得なかった方もおられると思いますが、ぜひ、治療に行っていただきたいと思います。

今回は、虫歯治療を中断してしまうことに関するリスクについて解説します。

 

虫歯治療が中断されてしまう理由

 

虫歯の治療を中断してしまう理由は、様々なものがあります。

通院がおっくうになってしまったり、やむを得ない事情があると思いますが、主に次のような理由が多いようです。

 

①痛みがなくなった。

虫歯の治療は、本来時間をかけて行います。

痛みや腫れが治ってからも治療が続くことがありますが、多くの患者様は痛みや腫れがなくなると通院をやめてしまう方がおられます。

こうなると、本当に完治したかどうかわからないままになってしまうため再発率は上がりますし、予防をすることもできません。

また、緊急で受診された場合には応急処置的に痛みを止めただけの状態になりますが、それで安心してしまう方もおられます。

基本的には、虫歯は治療が完了するまでは通院を続けていただく必要があります。育児や介護、仕事が忙しいなど様々な事情があると思いますが、多くの歯科医院ではそういった患者様の事情をしっかりお聞きした上で治療計画を立てることがほとんどです。遠慮なく、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

②クリニックに通う時間が作れない

虫歯は進行の度合いによって治療時間が大きく変わります。重度になればなるほど治療に時間がかかります。

治療回数もそれなりに多いため、なかなか時間が取れなかったり治療が進んでいないと思ってしまうことから自然と足が遠のいてしまうことがあるようです。

しかし、根管治療を行っている場合には見えないところの治療をしているケースが多いため、どうしても結果が見えにくくなってしまいます。

不安を感じる場合には、ぜひ医師に相談していただくことで、常にご自身の治療状況を確認するようにしてみてはいかがでしょうか?

 

③治療が一段落したものと勘違いしてしまう

痛みもなくなり、詰め物などの治療も仮歯から本番の被せ物に代わり、一段落したものだと勝手に解釈してしまい、通わなくなるケースです。

治療が完全に終わりきる前に「終わったものだ」と勘違いしてしまう患者様は多くおられますが、実は虫歯治療はかなり時間と回数を要するのだということを覚えておいていただければと思います。

 

④予約をキャンセルしてしまった

やむを得ない事情で予約をキャンセルしてしまったり、ドタキャンしてしまうと、患者様はどうしても通いにくいと感じてしまうものです。

しかし、歯科医師としては患者様の治療が中断してしまうことの方が重大なので、気にせずに再度予約をとっていただき、通院していただきたいという思いがあります。

もちろん、予約のキャンセルは事前にご連絡をいただくと助かりますし、再予約が取りやすくなるのでぜひご連絡ください。

 

虫歯治療中断のリスクは?

虫歯治療を中断することによるリスクには、以下のようなことが想定されます。

・痛みや腫れなどがぶり返す

・再感染が起こり、治療が最初からやり直しになるケースがある

・仮歯や抜歯した状態を放置すると、噛み合わせが悪くなることがある

など

これらのリスクはあくまでも一部ですが、虫歯治療を最後まで完了させないことによるリスクはとても大きいことがお分かりになるかと思います。

定期的な通院が難しいとしても、「どういった治療ができるか」を医師は一生懸命考えて提案してくれますので、諦めることなく完治まで頑張っていきましょう。

 

【くるめ歯科クリニック】

住所:〒830-0045 福岡県久留米市小頭町14-8
TEL:0942-33-0843
定休日:日曜日・土曜日午後
※土曜午後は14:30~18:00

アクセス
Access

くるめ歯科クリニック

住所:〒830-0045 福岡県久留米市小頭町14-8
TEL:0942-33-0843
定休日:日曜日・土曜日午後
※土曜午後は14:30~18:00

電車をご利用の方西鉄大牟田線、西鉄久留米駅から徒歩7分 西鉄大牟田線、花畑駅から徒歩8分
西鉄バスをご利用の方広又バス停より徒歩3分
お車をご利用の方久留米ICから車で15分(※当院の目の前に駐車場がございます)
西鉄久留米駅西口を出て、正面左の大通りをまっすぐ歩いていくと右手に当院の看板が見えます。